正常に保つ物

果物

糖尿病の人の場合は血糖値を下げることが重視されますが、このほかにもヘモグロビンa1cも正常に保つ必要があります。血糖値とヘモグロビンa1cの違いについても知っておきたいですが、まずヘモグロビンは血の赤い色素で赤血球に含まれるたんぱく質です。そしてヘモグロビンに血糖がついたものがヘモグロビンa1cで、結びつく糖が多いことで高血糖であることがわかります。直前の食事量な内容に左右されず、その日から1〜2ヶ月程度の血糖の状態を知ることができ、血糖値よりもさらに正確な血糖を測ることができます。ヘモグロビンa1cの数値が高くなるとそれだけ糖尿病のリスクも高まりますので、数値が高い場合は改善を目指していくこととなります。

ヘモグロビンa1cの数値を知るためには医療機関で検査を受けることとなります。健康診断などで数値が大幅に高く出た場合などは早めに医師に相談し、改善を目指していきましょう。食事や生活習慣を見直すことで改善が期待できますが、食事では炭水化物を控えることが効果的です。血糖値の一番の原因は炭水化物となりますので、ご飯や麺類、パンなどは食べ過ぎないよう注意が必要です。そしてそうした食品は主食になることが多いので炭水化物を絶つのは難しいという場合もありますが、そうした場合は食後のウォーキングなども効果的ですので血糖値を上げないためにも取り入れていきましょう。 さらに血糖値の上昇を抑制する成分を含むサプリメントなども改善に役立ってくれます。